2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビルトインコンロを交換してみた - 2012.09.14 Fri

今日は久しぶりにDIYです。ガスコンロの交換作業をやってみました。

おおまかに言って家庭用ガスコンロはビルトインタイプと据え置きタイプの2種類に分けられますが、我が家のそれはビルトインと言われる種類です。またガスにはプロパンガスと都市ガスの2種類があり、購入する際は注意が必要です。

据え置きタイプはゴムホースを繋ぎ変えるだけなので簡単で、接続作業に免許も不要ですが、ビルトインタイプの接続には免許が必要な為、普通なら交換作業を依頼するしかありません。しかしwebで調べてみると交換工賃だけで数万円。載せ換え&接続でこの金額は納得いかず、自分で作業する事にしました。



ガスコンロなんて単純な構造なので、修理すれば半永久的に使える物だと思っていたのですが大間違い。ただの鉄の塊であるバーナー部分が変形して火が点かなかくなってしまいました。形が古い為部品購入する事も出来ず、ましてや鋳物の修理はさすがに不可能なので、新品に交換する事にしました。


IMG_2482.jpg


まずはガスの元栓を閉める。そのまま作業するとガス漏れしますので当たり前ですね。

次にバーナーや五徳、カバー類の取り外しですが、これらは本体の上に乗せているだけの部品なので簡単に取り外せます。製品によっては数本のビスで固定している物もあるようなので、外れない場合は確認が必要です。

本体は左右4本のネジで枠に押し付けるにして固定されています。このネジを緩めると本体を持ち上げる事が出来る状態になります。



IMG_2478.jpg


本体との接続は専用の継手で接続されていますが、スパナ2本で簡単に取り外す事が出来ます。
新品の本体には継手が取り付けられていない状態で、販売されています。こちらも自分で接続する必要がありますが、残念ながらここで作業中止です。

なんと専用のメタル配管や継手は一般人には販売してくれませんでした。(業界の申し合わせの香りがプンプンしますね)

作業はPTネジにシールテープを巻いて接続するだけなのですが、免許が必要な為この部分だけはガス屋を呼んで接続してもらいましたが、作業費は取られませんでした。良心的な業者さんですね。



最後にこの記事をみて自分でもやってみようと思う人はあまりいないかも知れませんが、あくまでも自己責任でね。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://saulevert.blog2.fc2.com/tb.php/559-774af5df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゲリラ豪雨で虹が出たよ «  | BLOG TOP |  » スレンダーなハンガーラック

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

木工を始めて十数年、道具もかなり増え、 置き場にも困る今日この頃・・・ プロの建具屋さんで修行?を始めてからは、 かなり色々な事が出来るようになりました。  最近は、金属加工や皮加工の先生も見つける事が出来たので、 更に技を身に付けて、組み合わせるともっと面白い物作りが出来そうです。                                                          

saule vert

Author:saule vert
今は生まれ育った大分を離れ転勤で茨城へ、新天地で好きな事を楽しみながらそれなりに頑張っています。

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (94)
木工 (122)
フリマ (6)
ハンドメイド (34)
イベント (117)
D.I.Y (28)
ITEM、食 (33)
日々の事 (190)
外出 (73)
作品 (232)
制作日記 (71)

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。