2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折りたたみラダーの作成。 - 2011.07.14 Thu

久しぶりにチョビット木工ネタです。

日出町豊岡にある僕が委託させて頂いている

ガーデニングショップAsh Roseさん


よりのオーダーで、折りたたみラダーを作成しました。

今回、棚板は付属しませんが、

「こう言う使い方も出来ますよ」と言う写真です。

IMG_0846.jpg



単純な構造でも木工の基本やコツが必用な物なので、

軽く書いて見ます。

ディスプレィ用ラダーなので、

元々人が乗って作業する事を前提に造ってはいませんが、

子供が乗らないとも限らないので、

僕はある程度の強度をもたせて作るようにしています。

IMG_0840.jpg



切り込みを入れてソコに差し込んで組み立てる事により、

縦方向の強度と、横棒の回転を防止します。

緩む事がなければ、のりによる強度も期待できます。


まずラダー(はしご)を作る際、材料の厚みや幅、

直角を揃える必用があります。(木工の基本ですが)

これが揃っていないと、組みあがった物はねじれたり、

傾いたり、する為形を修正するのですが、

当然ムリに修正した分、接合部に隙間が空き

強度も落ちてしまいます。


今回のように溝を作って組み込む場合、

材料ピッタリの幅に溝を付けてはいけません。

写真のように0.3mm程度狭く溝をつけます。

当然入りません。

IMG_0842.jpg



そこで木殺しと言う工程が必用になります。

簡単に言うと木を潰して溝の大きさに合わせます。

潰しすぎるとグラグラになるので、ソコは勘と経験ですが・・・

でも少しぐらいなら大丈夫!!

のりを付けると水分を吸収して膨張するので、

後でピッタリ噛みあいます。



IMG_0844.jpg


綺麗に組み込まれました。

部品を作る段階で、材料の厚みや、直角を合わせていないと、

こんな風にピッタリとは行きません。

よく横からねじ込んだだけのラダーを見かけますが・・・・(まぁいいか)
(以下略)

IMG_0845.jpg


アンティーク風に仕上げて、オリジナル金具を付けて完成です。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://saulevert.blog2.fc2.com/tb.php/297-bdf5087a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エコポイント復活するかも «  | BLOG TOP |  » 今日は青空工房

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

木工を始めて十数年、道具もかなり増え、 置き場にも困る今日この頃・・・ プロの建具屋さんで修行?を始めてからは、 かなり色々な事が出来るようになりました。  最近は、金属加工や皮加工の先生も見つける事が出来たので、 更に技を身に付けて、組み合わせるともっと面白い物作りが出来そうです。                                                          

saule vert

Author:saule vert
今は生まれ育った大分を離れ転勤で茨城へ、新天地で好きな事を楽しみながらそれなりに頑張っています。

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (94)
木工 (122)
フリマ (6)
ハンドメイド (34)
イベント (117)
D.I.Y (28)
ITEM、食 (33)
日々の事 (190)
外出 (73)
作品 (232)
制作日記 (71)

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。