2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手押しカンナの刃先調整(続き) - 2011.06.16 Thu

今日もまたまた木工ねたです。

前回は睡魔に負けてしまいましたが、今日は最後までいきますよ~。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

手押しカンナ盤 リョービのHL-6(HL-6A)の刃先調整です。


IMG_0588-s.jpg



とりあえず、コレだけはあえて書かせて頂きます。

「電動工具の刃の交換や調整を行う際は、
必ずコンセントを抜きましょう。」



IMG_0588s2.jpg


駆動ベルトを手で回し、カッター固定ボルトが上にくるようにし、

ストッパーでロックします。その状態でボックススパナを使い、

カッター固定ボルトを緩めます。


IMG_0591-s.jpg

刃先調整の方法は何種類か存在し、

ダイヤルゲージを使用する方法も有効らしいのですが、

そのような治具は中々準備できませんので、

標準の方法について説明します。


ストッパーを外し、刃をフリーの状態にします。

説明書通りに定規を手で押さえると、定規を削ってしまう為

刃先調整定規を後定盤と刃の上に置きます。
(刃の右側を前定盤、刃の左側を後定盤と言います。)

駆動ベルトの軸を左右に手で回し、定規の下を通過させます。


IMG_0590-s.jpg

刃先調整定規が、かすかに動く程度になるまで、

刃先調整ネジを回して高さを調整します。

ネジを時計回り(CW)に回すと刃が低くなり、

ネジを反時計回り(CCW)に回すと刃が高くなります。

定盤の手前側と奥側で定規の動き方が同じになるように調整します。

最後にカッター固定ボルトを締め付けて再度定規の動きを確認します。

固定ボルトの締め付けだけで高さが変動する為、

ずれた場合は、再び固定ボルトを緩める所からやり直します。

納得の行くまでこの作業を繰り返してください(笑)

更にもう一枚の刃も同様の手順で高さ調整を行います。


IMG_0592-s.jpg

2枚の刃が同じ高さに調整されたか確認する為に、

平面出ている材料を準備し、写真のように目印を付けます。

後定盤の縁に目印を合わせ、刃を左から右に回し、

材料の移動量を確認します。
IMG_0594-s.jpg


定盤の手前と奥、2枚の刃について確認します。

経験上3mm動くと鼻落ちが発生するようです。
(僕は1mm以内を目指して調整します)

もう一度カッター固定ボルトのマシ締めを行い、

材料の移動量を確認したらカバー類を取り付け終了です。

大体1時間ぐらいかかりました(大変ですね)

磨耗によっても刃の高さが変動しますので、

時々確認して、ベストの位置で使用する必要があります。


プロ用の高級機は後定盤の高さ調整が出来たり、

刃高調整が楽だったりするのですが、それを言っても仕方ないですね。

地道に調整しながら付き合ってあげて下さい。


最後に一言「よだきぃ」
(大分方言で、「カッタルイ」「面倒くさい」)
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

よだきぃ

HL-6を中古で購入し愛用しています。
刃が欠けたので研磨することになり、なかなか刃の調整がうまくいかずに検索していると、この記事にたどりつきました。
1mm以内に高さをあわせるのはなかなか難しいですが、また両サイド均等に削れるようになりました。
大変参考になりました。有難うございました。

こんばんは お役に立てて良かったです。
HL6の替刃は比較的安く設定されているので、交換が基本だと思っていました。
研磨して使用されているのですね。僕は自分で研磨する事が出来ないし、
研磨費用の方が高くなるので購入して使用しています。

ありがとうございます。
HL-6とHL-6Aの刃はどちらも研磨式だったと思うので、研磨したほうがお安くすみませんか?
替え刃は2,000~3,000円しますよね?
刃の研磨は、1枚200~300円でしてもらえるようです。
自分の場合は、近くの研磨所に持っていくと1枚150円、2枚で300円で研磨していただきました。
お近くに研磨所や刃を研いでいる刃物屋さんがあれば研いでくれるはずです。

Re: タイトルなし

僕の師匠は建具屋なので、そこが出している業者では1枚¥1000ぐらいとだと聞いていました。(当然物も違うのですが)2本で¥300なら絶対研磨に出します。茨城周辺にもそんなに安い刃物屋があるのかなぁ・・・探してみます。貴重な情報ありがとうございます。

自分は師匠がいないので、技術などを教えていただける人がいてうらやましいです。
ネットで調べてみましたが、やはり巾155mm程度の刃でしたら1枚200~300円で研磨してもらえるみたいです。

アンティーク調のフォトフレーム素敵ですね。
木目もくっきりしていてシャビーな感じがとても好みです。
最近、マキタのスライド丸のこを購入したので、いずれ斜めにカットしたものでフォトや絵などのフレームにも挑戦してみたいです。(初心者なので接合部でつまづきそう;)

Re: タイトルなし

こんばんは stencilさん

情報有難うございます。
本業と仕込みが忙しく、まだ研磨出来る場所を探していませんが、
期待がもてそうです。

何十年も経験を積んだ方に教えてもらえた事は本当に幸運でした。
でも今は大分から茨城に転勤になったので、僕も独学で修行中です。

額縁の接合は確かに苦労しますよ。手押しでねじれをとって、
直角もしっかり出しておかないと失敗します。お互いがんばりましょう。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://saulevert.blog2.fc2.com/tb.php/268-b843ca2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

5分で出来る貧乏スイーツ «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

木工を始めて十数年、道具もかなり増え、 置き場にも困る今日この頃・・・ プロの建具屋さんで修行?を始めてからは、 かなり色々な事が出来るようになりました。  最近は、金属加工や皮加工の先生も見つける事が出来たので、 更に技を身に付けて、組み合わせるともっと面白い物作りが出来そうです。                                                          

saule vert

Author:saule vert
今は生まれ育った大分を離れ転勤で茨城へ、新天地で好きな事を楽しみながらそれなりに頑張っています。

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (94)
木工 (122)
フリマ (6)
ハンドメイド (34)
イベント (117)
D.I.Y (28)
ITEM、食 (33)
日々の事 (190)
外出 (73)
作品 (232)
制作日記 (71)

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。