2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手押しカンナの調整(明日の為にその壱) - 2011.06.11 Sat

今日はチョコット木工ねたです。

一部強い要望があり、木工機の使い方と言うか、

レビューみたいなものを少しづつやって行こうと思います。

アマチュアの話なので、プロの方から見ると鼻で笑われるかも

知れませんが、「そんなの関係ね~」と言う事で始めます。
          (しつこいってか?)


興味の無い方も、お休み前にじっくり読んで下さい。

きっと気づかぬうちに眠りに落ちるはずです。

teoshi.jpg


先日購入したばかりの手押しカンナですが、

調整しなければ、使い物になりません。
(家電ではありませんので、そう言うものです。)


手押しカンナを使う目的は材料に平面とカネンテを作る事です。

いきなり専門用語ですね。

カネンテって何?もちろん食べ物の名前ではありません。

直角の事です。

IMG_0586.jpg


スコヤと呼ばれる直角定規で確認しますが、

どこを合わせるのかと言うと、刃の有る定盤に対して、

奥のフェンスが垂直に立っているのかを確認します。


IMG_0584.jpg


この写真を見ると、スコヤに対しして下の方がすいており、

光が漏れているのが、おわかり頂けるでしょうか、


IMG_0585.jpg


この写真のようにスコヤに対しして定盤とフェンスが、

ピッタリ隙間無く、くっ付くように調整します。

この部分で直角を作る為、ひじょうに重要な作業です。


最後までお付き合い有難うございました。

次回は刃の調整です。



p.s.

僕の友人で木工家の
*clear*さん
にこの記事についてご指摘を頂いたので補足です。

>>機種名が明らかでない。

今回は機種に依存しないのであえて書いていません。
次回刃の調整の時は絶対必要なので書き込みます。
ブログなので参考程度にと言う事で。


>>「カネンテ」は方言。

業界の方は誰も直角なんて言わないので、
標準語だと思っていました


>>何故スコヤ?差し金じゃダメ?

差し金でも良いのだけど、調整の時手が離せないし、
軟らかくってヘタレなので作業し難いです。

関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://saulevert.blog2.fc2.com/tb.php/263-287dce20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひだまりの・・・。(イベント紹介) «  | BLOG TOP |  » カフェKölnさんからオーダーを頂きました。

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

木工を始めて十数年、道具もかなり増え、 置き場にも困る今日この頃・・・ プロの建具屋さんで修行?を始めてからは、 かなり色々な事が出来るようになりました。  最近は、金属加工や皮加工の先生も見つける事が出来たので、 更に技を身に付けて、組み合わせるともっと面白い物作りが出来そうです。                                                          

saule vert

Author:saule vert
今は生まれ育った大分を離れ転勤で茨城へ、新天地で好きな事を楽しみながらそれなりに頑張っています。

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (94)
木工 (122)
フリマ (6)
ハンドメイド (34)
イベント (117)
D.I.Y (28)
ITEM、食 (33)
日々の事 (190)
外出 (73)
作品 (232)
制作日記 (71)

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。