2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生最大のD.I.Y!?(補足) - 2010.11.24 Wed

コロニアル屋根の塗装について補足です。

多分、自分で屋根塗りをしようと言う物好きは、いないとは思いますが、

ひょっとしたら、この記事を読んで、自分でやってみようと言う方の為に、

作業の補足を1つ。


ペンキを塗り重ねると、瓦と瓦の隙間が、塗料の膜で、埋まってしまいますが、

これがクセモノで、そのまま放置すると、染み込んだ雨水が、

溜まり、屋根その物を腐らせてしまいます。


そこで、塗装後に縁切りと言う作業が必要になります。

作業自体は簡単で、隙間にカッターナイフを入れて、塗料を切っていくだけです。

しかし、これが結構厄介で、筋力と持久力を必要とする作業です。


プロはこの縁切り作業を行わない為に、タスペーサーと呼ばれる、

隙間を確保する為のパーツを瓦に装着するそうです。
(タスペーサーも縁切りも行わない業者も存在するらしいので、依頼される方は、ご注意を。)


私の場合、屋根の1/5ぐらい終わったところで、へこたれてしまい、

そのままにしていたのですが、足場の撤収の際、エッソ緑地建商さんが、
http://www.essoryokuchi.jp/pc/

残りは、縁切りしておくからって、終わらせてくれていました。(感謝感謝)

社長さんメッチャいい人です。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://saulevert.blog2.fc2.com/tb.php/104-b2f65390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オーダー下駄箱が完成しました。 «  | BLOG TOP |  » 長い戦いは終わった。

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

木工を始めて十数年、道具もかなり増え、 置き場にも困る今日この頃・・・ プロの建具屋さんで修行?を始めてからは、 かなり色々な事が出来るようになりました。  最近は、金属加工や皮加工の先生も見つける事が出来たので、 更に技を身に付けて、組み合わせるともっと面白い物作りが出来そうです。                                                          

saule vert

Author:saule vert
今は生まれ育った大分を離れ転勤で茨城へ、新天地で好きな事を楽しみながらそれなりに頑張っています。

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (94)
木工 (122)
フリマ (6)
ハンドメイド (34)
イベント (117)
D.I.Y (28)
ITEM、食 (33)
日々の事 (190)
外出 (73)
作品 (232)
制作日記 (71)

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。